36.仕事で老眼鏡をかけ始めました

nurse

老眼鏡の購入を決め、10日後に眼鏡が出来上がってきました。

少し高さの調整をしていただき、今後の保証内容の説明と

曇り止めの使用方法の説明がありました。

マスクをしている事による眼鏡の曇りは人によって違うようで

全員が曇る訳ではないようです。

私の場合は、しっかり眼鏡が曇ってしまい、

スプレータイプの曇り止めを一緒に注文。

遠近両用の為、目が慣れるまでに3か月位はかかると言われ、

最初のうちはなるべく私生活でも眼鏡をかけるようアドバイスを受けました。

車の運転時はかけてはいけないようです。

そこで、通勤時(徒歩)にも老眼鏡をかけてみましたが、

外では遠い所と近い所の見える差が大きく、足元が歪んで見え、

クラクラしてくる感覚を覚えました。

元々手元だけ見えないので、普段から外の景色はきちんと見えています。

老眼鏡をかけた方が気分が悪くなりました。

この時点で、外で老眼鏡をかけても意味がないと思い、外す事にしました。

仕事中は老眼鏡をかけて過ごしましたが、外ほど距離感が大きくない為か

気分が悪くなる事はなく、動く事によって下がってくる眼鏡を戻しながら

最後まで外す事なくつける事が出来ました。

採血の時もいつもより見えていたような気がしました。

しかし、パソコンの画面はやや見えにくさを感じました。

手元に度数を合わせている為、パソコンの画面はやや遠い距離になり

レンズの上の方(度数の入っていない方)で見ないといけないようでした。

目の使い方に慣れるというのはそういう事なのだと思いました。

老眼鏡と言っても、見た目は普通の近眼用の眼鏡と変わらないので、

思っていたよりは抵抗なくつける事が出来ています。

これで、次の職場に移って紙カルテになっても対応できそうです。

今の職場は電子カルテの為、パソコン画面の見えにくさはしばしの我慢という事で…。

目の使い方に慣れる為にも私生活でもつけるようにと言われた眼鏡ですが、

私生活でそんなに多くの活字を読む訳ではなく

多く使用しているiPadは文字が大きくなります。

このブログを書いていても老眼鏡は必要ではないので、

私生活で老眼鏡をかける事は少なく、やはり仕事用という事になりそうです。

今日の多肉植物は黄麗錦。錦系は弱いとされていますが、

黄麗自体がセダム系で育てやすい強い品種の為か長く楽しめています。

コメント