153.早速の動物病院

cat

我が家に来て2日目は何処にも出かけず一日猫達と過ごしました。

我が家にはソファーはなく、冬はこたつの為座椅子が登場するのですが、

座椅子の背もたれで爪とぎするので、それは注意しています。

それ以外は特に悪さをする訳でもなく、

まったりと時間が流れていきました。

きっと仔猫なら目が離せず大変な所でしたが、

成猫だともう躾済みで初めて猫を飼う私でも

何の違和感もなく猫のいる生活に溶け込めました。

3日目は仕事で、家を空けなければなりません。

しかし、ケージに入れるよりも二匹でのんびりしてもらった方が

いいのではないかと考え、来て間もない状況ではありましたが

思い切って放し飼いの状態で家を留守にしました。

自宅にスマホで見れるカメラを取り付けていたので↓、

昼休みにスマホでチェックしましたが、

二匹共全く映像には映らず。

ベッドで寝てる???

tapo

仕事が終わり、ダッシュで家に帰ると

何事もなかったかのように二匹がお出迎えしてくれました。

何も荒らされていない。。。

ホッと一安心。

やはりケージに入れないで正解でした。

日中のんびりと過ごしてくれていたのですね。

お留守番は二匹できちんと出来ましたが、

その日、ゆずの目やにが気になりました。

ろきも涙目だったので、二匹とも??と思いながら

拭いていましたが、夜にゆずがいびきをかいて寝ていました。

猫っていびきかくのかな?なんて思いながら、次の日を迎えました。

当然お留守番の二匹。

その日も帰宅してみると、部屋は特に変わった様子もなく、

きちんとお留守番出来る事が証明されました。

そして夜中。

どう考えても昨日よりいびきの音が大きく、

鼻から垂れている鼻水も見えました。

やはり風邪をひいている気がして、

朝方担当の方にLINEをしました。

トライアル期間中猫達は正式に譲渡されていない為

医療費等は里親会の方の負担になります。

私の判断で勝手に連れていく事は出来ないので、

了解を得る事になります。

LINEの返事は受診を依頼するもので、

急遽動物病院を探し、8時半に受診。

風邪の診断で注射を打ってもらいました。

ゆず、体重が5.7kgありました(-_-;)

やはり少し大きいよう…でもその分抵抗力はあるようです(^^ゞ

環境が変わり、飲み薬では吐いてしまう可能性がある為

注射の方が早く効くという先生の判断でした。

9時前には診察も終了し、帰宅。

勿論チュール案件なので、初チュールを二匹共堪能したのでした♪

仕事も10時には行く事ができ、30分残業しました。

ゆず、そんなには仕事に影響せず大丈夫だったよ。

早く元気になってね(*^^*)

環境が変わると風邪をひいてしまう猫も多いらしく、

きちんと動物病院に連れて行ってもらえる飼い主さんなのか

試された気がしましたね(^-^;

里親会の担当の方はLINEで色々教えてくださるので

とても頼りになり助かっています。

今日の多肉植物は艶姿。

冬型なので、葉を大きく広げ成長し始めました。

コメント