149.堂々とした立ち居振る舞い

cat

我が家に来た二匹の猫達。

ハクくんは早々に、子猫用のトイレで用を足してました。

トイレを教えなくても自分でしてくれている(^^♪

YouTubeの映像やLINEでいただいていた写真では

あまり二匹の違いが分かりづらかったのですが、

実際にあってみると確かに違いますね(^-^;

今回キャットタワーは購入しませんでした。

…と言うのも、S字になっている棚があり

それがキャットタワー兼用になると思ったからです。

案の定、棚を行き来していて、担当の方からも

部屋が狭くなるからなくても十分と言われました。

犬を飼っていたから余計に思うのかもしれませんが、

猫って全く足音がしませんね。

気配を感じません。

犬は大体何処にいるのか把握出来ていましたが、

猫は知らないうちに足元にいたりしました。

いない時には家中探す事になりそうですね。

猫の中で5kgというのは大きいうちに入るそうですが、

愛犬が10kgだったので、そう大きくは感じませんでした。

ただ、ハクくんは顔が小さいのに、体が大きいので

少しダイエットが必要なかぁなんて思ったりしましたね。

あまりの堂々とした立ち居振る舞いに

子猫だったら目が離せずこうはいかないと言われました。

最初からのんびり飼えるのは、

成猫の魅力でもあるのかもしれません。

一通りニャルソックが終了した所で、

トライアル契約書の説明がありました。

トライアル期間は2週間。

その時に再訪問があり、正式譲渡になるとの事。

契約書にサインをし、担当の方は帰る事となりました。

以前購入していた子猫用のご飯と猫砂(細かい砂タイプ)を

持っていってほしいとお願いすると、

とても助かると喜んでくれました。

りくくんとハクくんには必要ないものですからね。

さて、担当の方が帰り、これからは

私と二匹の猫との生活が始まります。

りくくんはすぐになれると思うが、

ハクくんはビビりな所があるので

少し慣れるまで時間がかかるかもしれないが

慣れたら甘えん坊と言われていました。

ところが、実際はハクくんの猛アピールに逢い

喉をゴロゴロ鳴らしてスリスリすり寄ってきます。

りくくんは落ち着いていて、ハクくんの様子を伺いながら

一歩引いている感じでした。

でも足元にはすり寄ってくるので、

素っ気ない感じでもありません。

これなら大丈夫かも。そう思いました。

りくくんは一匹でも生きていけるけど、

ハクくんは一匹では生きていけない、だから二匹で…という

担当の方の判断が分かるような気がしました。

りく(左)とハク(右)

二匹寄り添っていると、一緒に引き取って良かったなと

しみじみ思います。

今日の多肉植物はアイスグリーン。

1株だったものがCUTして3株に増えました。

コメント