18.50代の転職活動 経過⑤

転職活動

書類が整った所で、次は面接です。

面接と言えば、リクルートスーツ。

勿論この年齢で、リクルートスーツを持っているはずもなく、

もう就職活動をする事はないだろうと廃棄していました。

そして無い物は、靴・鞄と全てにおいて何も持ってはいませんでした。

面接が急遽決定した翌日、リクルートスーツを購入しに行きました。

初めに訪れたのは、一般的にスーツのみが置かれているようなお店。

レディースコーナーに行き、面接がある為スーツが欲しい旨を伝えました。

友人より喪服と兼用になるような物がいいのではないかとアドバイスをもらっていたので

単色黒を希望すると、手際よくいい感じのリクルートスーツを選択してきてくれました。

スカートとパンツの希望を聞かれましたが、

ストッキングを履くと痒みが出るので迷わずパンツを選択。

サイズはLで試着です。

肩幅があるので、それに合わせるとどうしても上着のサイズがupしてしまいます。

ただ両方Lにしてしまうとウエストが合わず、上下違うサイズになってしまうのが私の体型。

案の定、Lではウエストがブカブカで、パンツはMに変更。

すると今度はおしりがピチピチで、少し食い込んでいてやや痛い…涙

年齢的な体型の問題で、ゆったり着たい上着がLL、パンツはLでウエストのお直し要という

結果になりました。

ウエストをつめると別途料金が発生してしまいます。

ううっ。改めて自分のお尻の大きさにショックを受けました。

(狭い所を通るとよくお尻がぶつかっていたのはこのせいだったか…)

ネットでリクルートスーツを買おうか検討したりしましたが、

上下サイズ違いでは、やはり実際に試着してみないと体に合ったスーツは買えませんでしたね。

着る機会の少ないであろうリクルートスーツにお直しをしてまでお金をかけられないと

この店での購入は断念。

リクルートスーツの型はほぼ決まっているらしく、スーツ系の他の店に行っても

大体結果は同じようになるとのアドバイスを受けました。

そこで次はファッション系ブランドの店に行ってみました。

良さげな上下黒のスーツを発見。

ジャケットに襟はないものの、襟のあるタイプでは学生感が否めず、

50代にふさわしい見た目ではないなと思っていたので店員さんに相談。

リクルートスーツにもなるとOKをいただき、再び試着へ。

今度は40のサイズを選択。

試着してから気づいた事ですが、スーツ系の店のパンツにウエストのゴムはありませんでした。

今回はウエストにゴムがある事で、私のお尻問題が解消。あっ。履いてて楽♪

午後から仕事なので、ゆっくり選んでいる暇もあまりありません。

この際だからとスーツに合うインナーも選んでいただき、計18900円でした。

私の急な心変わりがこういう出費を生んでしまうのだと痛感。

でも喪服にもなるし…とポジティブに。

この日はスーツだけ購入し、午後の仕事へと向かいました。

今日の多肉植物はアボガドクリーム。この多肉さんは我が家の中でダントツ焦げやすい!

春先になると、急な日差しに耐えられずすぐに黒こげになってしまいます。

角度を変えながらまんべんなく日の光を与えないといけないようです。

ただ焦げてもまた見事に復活してくれるので、最近ではまた焦げたか…と諦めモードです。

多分毎年焦げています。

コメント