14.50代の転職活動 経過①

転職活動

午後パートから常勤になるべくして私の就職活動は始まりました。

今まではハローワークや看護協会の求人を見て自ら申し込んでいたのですが、

今回は気になったクリニックの内容を見ようとすると会員登録になってしまったという経緯もあり

看護師転職サイトを利用しての就職活動になりました。

登録したのはI社とM社の2サイトで、どちらともすぐに連絡が来ました。

I社は40代男性、M社は20代女性が私の担当になりました。

最初は電話で軽い面談のような話から始まり、希望の科や就職場所等細かく聞かれたので

どちらも1時間以上は電話で話しました。

その後のやり取りは全てLINEで行われ、今の時代はスマホがないと就活が出来ないのかと

スマホに変えててよかったと思えた瞬間でした。

LINEは友達とと思っていたので、会社とのLINEって?と最初は戸惑いましたが、

いざやってみると時間を気にせず連絡する事が出来たのでとても便利に感じました。

特にI社の方は、何時にLINEをしても15分以内には既読になり

返信をくれたので、その行動力には驚かされました。

どうしても午後は仕事の為、連絡が19時以降になってしまう事が多く、

夜遅くなってしまったのですが、それでも私のLINEに付き合ってくれて

I社の方には沢山相談に乗っていただきました。

M社の方も最初のうちは対応が早かったのですが、

最近はLINEが返ってくる時間が遅くなってきていて、

LINEをしても半日連絡が来ない事も増えてきました。

やはり登録は1社だけではなく2社にしておいて良かったと感じました。

転職サイトもそれぞれ個性があり、M社は面接担当の方が別にいて、

面接前になると自分の担当とは別の、面接担当という人が連絡をくれて、

クリニック毎に面接のアドバイスを受けました。

結構LINEの方にもURLが送られてきて、これを見て下さいと指示される事も多かったのがM社。

自己PRが書きにくいので書かなくてもいいですか?の質問には、大切ですの返答。

このチャートをやってみて、それで自分のタイプが分かるのでその例文を参考にして下さいと

半ば強制的に書かされる事に。

面接対応でTeamsというアプリがあるのでダウンロードしてくださいという指示が来ましたが、

スマホ初心者の私が上手くやれるはずはないと思い、それは丁重にお断りし

電話での対応に変更していただきました。

一方I社の方は、そういう指導的な事はあまりなく、書いた履歴書のチェックはしてくれましたが、

自己PRもいりませんと、割とあっさりした形で進めてくれました。

同じ転職サイトでも随分違うものだなぁと実感。

あっさりタイプときちんとタイプ。

上手い具合に違うタイプの転職サイトを選んでいたようです。

今日の多肉植物はパピラケア。私は一目惚れで購入しましたが、

購入する時お店の方に、最後に残ってて私が連れて帰ろうと思っていた所でした、

買ってもらえて良かったと言われた多肉さんです。

伸びてきていたので春に切って短くそろえてみました。

コメント