70.派遣会社のスキルチェック

転職活動

スキルチェックの当日。

時間を午後にしたのには訳がありました。

少しでも練習する時間を確保したかったから。

午前中。ブログを書く事で入力の練習になると思い、

かな入力は封印し、ローマ字入力で打っていました。

しかし、e-typingのDランクからの硬直状態が続き、

諦めかけた時、ふと手元を見て入力してみると、

少し打つ時の迷いが消えて、若干早く打てる事に気づきました。

ブラインドタッチにこだわりすぎていた?

時間がないのだから、手元を見ながら打ってもいいのではないか。

それでテストをしてみると、なんとC-ランクが出ました!!

個人的な用途でのパソコン利用には問題のないレベルです。
正確さを意識して更にスコアアップを目指しましょう。

AM10時の出来事です。

それもずっと80%台だった正解率も90%に上昇していて

手元を見ながら多少指使いがおかしくても、何とかなるかもしれないという

自信が出てきました。

文字列で入力しやすいものとしにくいものがありますが

それも運。ダメならダメで諦めます。

~そして午後。

PM2時から派遣会社でのスキルチェックが始まりました。

まずは顔写真をパソコンでパシャリ。

パソコンを使用してのスキルチェックは40分。

  • 漢字の読み方・ひらがなに当てはまる漢字 2択から選択
  • 計算問題 2択から選択 メモ紙に計算OK
  • ローマ字入力によるタイピングテスト 最初の1分は練習で本番は3分
  • テンキーのタイピングテスト 最初の1分は練習で本番は3分
  • Excel問題
  • Word問題

の計6項目です。

Excelやwordは基本のキ位しか分かりませんでしたが、

そこは指摘されず。

やはり問題になったのはローマ字入力のタイピングテスト。

50点はいきたい所が40点台で、もう一度受けてみませんか?と

再テストの依頼がありました。

挑戦できるのであれば何度でもと思い、チャレンジしましたが、

結果は1回目40点台、2回目30点台、3回目40点台と

目標をクリアできませんでした。

午前中にテストを受けた人は50点になるまで何度も頑張ったそうですが、

私の場合、テンキー入力の出来が良かったらしく、

40点台でOKという事になりました。

慣れないローマ字入力で体はへとへと。

解放された~と喜ぶ半面、合否は微妙なラインだと思いました。

仕方ないです。

短期間でローマ字入力をマスターできるはずはないのですから。

自宅に戻り、PM5時頃。

電話がかかってきました。

テストを担当した方とは別の方で、派遣会社の審査を通過したので

紹介先にエントリーシートを提出しますという連絡でした。

要するに一次審査通過といった所でしょうか。

あとは派遣先が受け入れてくれるかどうかで、

後日合否の連絡がくるそうです。

今回応募者が多くて激戦らしく、全然安心できないみたいですが、

受かっても落ちても連絡はくるそうなので、

電話がかかってくるのを待ちたいと思います。

今日の多肉植物は白楽寿。丸いフォルムは私の好みです♪

コメント